びるりのblog

愛媛県松山市のリフォーム・耐震補強・新築住宅のことなら『住まいの町医者 びるり』

2016年04月

4/26昨日の時点で 松山市の木造耐震診断受付件数が58件の申請があったみたいです。
4/25日から受付が始まって、異例の速さで申込み件数が伸びているように感じます。
熊本の地震の被害が影響しているとニュースには記載されてますね。


松山市近隣の、木造住宅耐震診断、耐震改修工事ご相談等
お気軽に、当社にご相談くださいませ。



昨日、担当させて頂いているお客様の地鎮祭を行いました。

地鎮祭を行う意味合いとして 2つの意味合いがあるそうで、

・ひとつ目は、
家を建てるための土地を購入したとき、
その土地に住む神様を祝い鎮め、
土地を利用させてもらう許可を得ること。

・そしてふたつ目は、
これからの工事の安全と家の繁栄を祈願すること。

イメージ 1

地鎮祭も無事執り行うことが出来ました。
有難うございました。
イメージ 2

イメージ 3
ご縁があり 当社にて施工させて頂くからには
精一杯させて頂こうと思っております。
M様今後ともよろしくお願いいたします。

久保田









愛亀企業グループの特別教育勉強会に参加して参りました
四国地方整備局の出前講座でお題は 建設業法のポイントという
内容でした。
イメージ 1


愛亀企業グループ各社各部署から出席しています。

当社の各社用車にドライブレコーダーを取り付けました。
自分自身の安全運転をする意識向上と、もしも事故を起こした時の物的証拠
として活用します。

出来れば、車を運転する上での安全運転の自己意識向上の意味合いでのみ
活用できればと思います。
交通事故の被害者になるのも加害者になるもの嫌なものですからね。
イメージ 1


昨晩9時26分ごろ
熊本地方で震度7の地震が起き
松山市でも震度2の揺れを体感しました。

一夜明け、TVのニュースなどで、地震の影響で
家や塀が倒壊していたり、道路が陥没していたり、
ものすごい被害となっていて
避難されている方などの報道も大きく取り上げられており
心が痛むばかりです。

倒壊している住宅などは
旧耐震基準頃の古い住宅が見受けられました。
耐震補強・改修で木造住宅の倒壊はやはりある程度防げるのではないかと
木造住宅の耐震改修工事を行っている者としてはどうしても考えてしまいます。

余震も一週間程度続くと言われております。
倒壊しかけの建屋に入り二次災害など遭わない様にと思います。

九州で初の震度7が起こりました、四国でも起きてもおかしくないですよね。
地震は怖いですが、日ごろの地震への住んでる住宅の耐震化の備えや、水や食料などの備蓄も自分や家族を守るうえで大切ですね。

防災士の資格を持ってますが、大地震時などの場面で
人のために使えなきゃいけないと感じました。
                          久保田





↑このページのトップヘ