びるりのblog

愛媛県松山市のリフォーム・耐震補強・新築住宅のことなら『住まいの町医者 びるり』

2013年01月

上京する機会があったので、新春に続いて、初詣に行って参りました。
 
 
まずは、靖国神社。
 
イメージ 1
 

明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折に
お詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の
御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、
その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社だそうです。

「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、
「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
 
 
続いて、葛飾柴又は帝釈天。映画「フーテンの寅さん」でおなじみの、日蓮宗のお寺です。
寅さんに笑い、泣いて、歌う人たちの心のふるさとと言えるお寺だと思います。
 
イメージ 2
 
 
これだけ、お参りをしたら、今年はいいことがあるだろうと、思っていたのですが、
何の因果か、帰れり飛行機が雪で欠航

羽田空港は大混雑新幹線で帰ろうと品川駅に行けば、長蛇の列
なんとか、切符を買って、6時間かけて松山に帰ったのでした

今治の現場に行く途中…北条バイパスでの出来事
 
 
イメージ 1
信号でストップこんな偶然ありますかね
 
 
 
来てます来てます私….

あけましておめでとうございます。
 
本年も、株式会社びるりをよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 
さて、今年の初詣は、家族で大三島の大山祇神社に行きました
 
イメージ 1
 
 
ご承知とは思いますが、
 大山祇神社は、山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷
武将から尊崇を集めた神社で,源氏平氏をはじめ多くの武将が
武具を奉納して武運長久を祈ったため、国宝・重要文化財の指定を
うけた日本の甲冑の約4割がこの神社に集まっているそうです。
 
すごいですね
 
近代においても、日本の初代総理大臣伊藤博文
旧帝国海軍連合艦隊司令長官山本五十六をはじめとして、
政治や軍事の第一人者たちの参拝がありました。
現在でも、海上自衛隊海上保安庁の幹部などが参拝しています。
 
また、全国に1万社余りある山祇神社・三島神社の総本社とされています。
 
社殿・武具等の文化財として国宝8件、国の重要文化財76件を有し、
境内には国の天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」があり、
昭和天皇の研究を展示した海事博物館も併設されています。
 
お客様のご繁栄や愛亀グループ、当社の発展・安全、
それと家内安全をお願いしました
 
たくさん、お願いした割には、お賽銭が少なかったかもしれません
 
 
 
 

↑このページのトップヘ