2012年12月

イメージ 1

 
 
イメージ 1
 
 
 
     10月1日に全面再開業しました
 
     復元工事費用(約500億円)はJR東日本などが
 
     「空中権(どういう権利かよくわかりません・・・)の売買」を
 
     行って捻出したそうです
 
イメージ 2
 
     かつての丸の内側の赤レンガ本駅舎は
 
     昭和20年5月25日の東京大空襲によりその多くが破壊され、
 
     終戦後の1947年(昭和22年)、開業当初の状態より一回り規模を
 
     縮小して修復されました
 
 
     GHQの体制下応急処置的に工事が行われ、
 
     屋根の小屋組については復員してきた海軍の技師が
 
     5年もてばよいということで、薄い木材のトラス造りで応急的に
 
     工事をしたらしいのですが、結局60年以上の歳月が過ぎてしまいました。

     平成19年から、駅舎を本来の姿に近い形態に復原する工事が開始され、
 
     鉄骨鉄筋コンクリート壁で躯体を増築して建築当初の3階建てに戻した
 
     上で、外壁、尖塔、南北両ドームの内外の意匠も再現したそうです
 
 
イメージ 3
 

     普段は、JR松山駅や松山市駅しか見ていないので、
 
     東京駅の圧倒的なスケールと美しさに感動しました

イメージ 2
 
 
様邸(松山市・山西町)で
 
風雨にさらされて劣化が進んでいた裏木戸(枝折戸)を

耐久性のあるアルミ製への変更を御提案させて頂きました

朽ちる心配も無くなり、経済的で安心して使えると喜ばれました
 
イメージ 1

↑このページのトップヘ