上京する機会があったので、新春に続いて、初詣に行って参りました。
 
 
まずは、靖国神社。
 
イメージ 1
 

明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折に
お詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の
御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、
その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社だそうです。

「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、
「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。
 
 
続いて、葛飾柴又は帝釈天。映画「フーテンの寅さん」でおなじみの、日蓮宗のお寺です。
寅さんに笑い、泣いて、歌う人たちの心のふるさとと言えるお寺だと思います。
 
イメージ 2
 
 
これだけ、お参りをしたら、今年はいいことがあるだろうと、思っていたのですが、
何の因果か、帰れり飛行機が雪で欠航

羽田空港は大混雑新幹線で帰ろうと品川駅に行けば、長蛇の列
なんとか、切符を買って、6時間かけて松山に帰ったのでした